国家検定、「眼鏡作製技能士」がスタートします 《2021年12月 めがねの国家検定(1・2級)試験申し込み開始》

(公社)日本眼鏡技術者協会では、すべての人に適切な眼鏡提供を目指し、新設された国家検定「眼鏡作製技能士」の指定試験機関となりました。本年、2021年12月より試験の申込みを開始します。「眼鏡作製技能士」とは、多様化・高度化する生活ニーズに伴い、「適切な診断・治療」と「適切な眼鏡作製」双方の実現に向け、眼科専門医と連携し、国民の皆様にとってより良い眼鏡を提供するために知識・技能の向上を目指すことを目的とした国内唯一の資格です。