(5)
「眼鏡公正取引協議会」とは

会員で構成する「眼鏡公正表示規約」の運用団体

団体構成図

「眼鏡公正表示規約」の運用は、会員で構成する「眼鏡公正取引協議会」が行っています。

「眼鏡公正取引協議会」は、消費者重視の立場から、当規約が消費者の皆様の適正な商品選択に役立つよう、関係機関、各地の消費者センター、消費者団体等の理解と協力を得ながら、当規約の周知活動、遵守活動等の事業を推進しています。

※「日本眼鏡販売店連合会」に加盟しているメガネ店(認定店)は、全店が「眼鏡公正取引協議会」の会員となっております。

(ポスター)「不当表示は許さない。」